朝の木枯らし

考察エッセイです。

話がつまらない人は話さないほうがましだったりする

個人的には条件が合わないとあまり話をしない。それは顧客の皆さんであれスタッフであれ例外はない。(家族に関してはやや例外だが)

 

その条件とは、

1 お互いに興味がある分野での話であること

2 会話比率が1:1くらいになること(偏っても7:3)

3 お互いに暇なこと

 

この条件を満たしてない時に会話が始まると高確率で「めんどくさい」となる。

結構条件1を無視して話しかけてくる人が多いのには驚く。

興味のない会話に巻き込まれることほど不快なことはないというのに・・・

 

興味のない会話をするくらいなら、お互いに黙っていたほうがましだということをわかっていたほうがいいと思う。特に接客業の皆さん気をつけて下さい。結構下手だからね。

PVアクセスランキング にほんブログ村