ピポのベース日記はてな版

ベース練習の日記です。今は縦振動の練習中。

ベースを一日3時間練習する方法を考えた

映画好きな人にお聞きしたい。毎日3時間の映画を見れますか?

 

即答で「見れる」という人は稀だと思う。それくらい一日3時間というのはハードルが高いと思う。


f:id:w77k:20200903122650j:image

プロミュージシャンなんかで「一日10時間練習していた」なんてエピソードがあったりするけど、一日10時間練習できるのって単純に才能だと思う。素晴らしい。

 

さて、楽器の練習をしていて思うのは、ある程度のレベルにならないと楽しさが分かりづらいということだ。前よりも指は動くようになったが、なかなか曲に合わせると難しい。

 

理由は簡単だ。単純に練習量が足りない。初心者レベルなら間違いなく練習が足りないだけだ。この期間が長く続くと飽きてしまう。さてどうすればよいか。

僕が考えたのは一日3時間のレッスンを行うというもの。週五日頑張って15時間になります。これを四週間続けると60時間になります。

 

一日1時間の人が2ヶ月かかるレッスンを1ヶ月でこなすわけです。これは上手くならないわけがない。 

問題はやりきれるかどうかです。効率は考えません。

 

細かい内訳を考えた

シンプルに左手1時間、右手1時間、曲練1時間で考えます。曲は1曲、右手と左手は各3フレーズくらい用意して、1フレーズあたり20分の練習を目指します。

クオリティを求めるよりも、まずはちゃんと時間通り出来たかどうかをチェックしていきます。

ちゃんと考えて練習する

ワンフレーズ20分はけっこう長いです。なので、20分の中にスムーズさ、タッチ、ニュアンス、姿勢など、いろんなチェック要素を入れてそれを一つ一つ潰していきます。何も考えないで弾く20分は恐ろしく長いと思います。

順番

飽きや体力を考えると曲の練習は最後の方が良いですね。

下手くそができるのは時間をかけること

いきなり上手に出来たら誰も苦労しません。始めのうちはほとんどの人は下手っぴです。下手っぴでも上級者に勝てることが一つだけあります。それは練習時間。クオリティで勝てないなら圧倒的に量で攻めるしかないわけですね。

たくさん練習することを軸にする

たくさん練習をするならどうすればいいかを考えることによって、結果的に技術力もついてくる気がします。あれこれ悩んで調べる前にまずは量をこなしましょう!

 

PVアクセスランキング にほんブログ村