ピポ日記

ベース練習の日記です。今は縦振動の練習中。

ベース初心者が練習量を確保するためのポイント3 時間を作る

f:id:w77k:20200814132654j:plain


ベース初心者が練習量を確保するシリーズです。

 

ryuugi2.hatenablog.com

ryuugi2.hatenablog.com

 飽きる、疲れるはベース練習に限った話ではなく、勉強や仕事にも応用ができそうなので、ぜひベースのみにとどまらず、他のことにも応用してみてください。

 

時間を作る。とは

これは現代人が陥りがちな罠に陥らないための考え方です。

なんでもそうですが、そこそこできる中級者は工夫やメソッドで成長効率が上がりますが、初心者は器用でない限り「量」をこなさないと話になりません。

 

これは学校の試験なんかを思い出してもらえるとわかりやすいです。

要点をつかんで勉強していくことは確かに大事なのですが、問題を数多くこなすことの方が実践力がつきます。要点を一生懸命調べた人より、過去問をこなして傾向をつかみつつ勉強した人の方が強いです。

今は「こつ」「やり方」「最短で上手くなる方法」みたいなのが溢れていますが、それを調べたり、探したりしてる時間を練習に使った方がいいよねっていう話です。

動画について

動画はわかりやすい反面テキストに比べて時間がかかります。

ちょっと読むのが得意な人なら同じ内容を半分以下の時間で把握できます。

ですが、今はブログなどの文章よりユーチューブなどの動画での解説が多いので、解説動画ばっかり見ていると肝心の練習時間が取れなかったりします。それでは本末転倒になってしまうので気を付けましょう。

音作りについて

いい音で練習した方が気分もいいし、モチベーションアップにもつながります。ですが、音作りに時間をかけすぎると練習時間が減ってしまいます。

時間が豊富にある人ならともかく、サラリーマンで家族がいたりする僕としては、ちょっと必死にやらないと時間が取れません。

なので音作りに関しては二種類ぐらい作り込んだら保存して、気分で使い分けていきましょう。ベースはギターほど音の幅を広げなくていいはずですから。

 

まとめ

まずはそこそこ自信を持って演奏ができる「中級者」になる迄にどれくらい時間を使えるかというのがテーマになってくると思います。

練習量上げていきましょう。

PVアクセスランキング にほんブログ村