ピポ日記

ベース練習の日記です。今は縦振動の練習中。

ベース初心者が練習量を確保するポイント2 疲れに勝つ

前回は「飽き」に勝とうというお話でした。

f:id:w77k:20200810081009j:plain

 

ryuugi2.hatenablog.com

 

今回は「疲れ」に勝とうというお話です。

椅子を見直す

立って練習する人は別ですが、座って練習する場合は適切な高さの椅子でないと疲れます。極端に低すぎたり、床に座って練習してると座ってること自体が疲れてきますので、最適な高さの椅子を用意するというのは結構大事だと思います。

フォームを見直す

指板を覗き込みすぎて、首がかなり前に出ていたり、右腕が不自然に力んでいたりすると肩が凝ります。肩が凝ると「疲れたから終わりにしよう」になってしまうので、肩が凝らない姿勢も大事です。初心者のうちに鏡やインカメラで自分のフォームを見直して、長時間の演奏に耐えられるようにしておきましょう。

体力をつける

仕事や学校で体力を使い果たしている人は、基礎体力をつけた方がいいですね。ベース練習のための体力まで確保できるように、最大HPを上げておきましょう。

 

まとめと次回予告

極端な話、疲れなければずっと練習が可能です。同じく練習するなら疲れにくい方が集中力や練習量ともに多く確保できますので、疲れにくくする方法は覚えておいた方が良さそうですね。

次回は「時間の確保」について解説します。

PVアクセスランキング にほんブログ村