ピポのベース日記はてな版

ベース練習の日記です。今は縦振動の練習中。

ベース練習

初見でそこそこ弾けると希望が湧いてくる

最近はtab譜付きの動画なんかが上がっているので色々見ています。その時にベースを抱えながら弾いてみて、初見でそこそこ弾けたりすると「これ弾けるかも!」って思うんですよね。 だいたい1曲につき2、3箇所は練習しないと弾けないようなフレーズが出てくるの…

ベースを弾くならスマホのイコライザは低音強調で。

ベースを弾くと、どんな曲でもベースラインが気になりますよね。僕もスマホで音楽を聴きますが、YouTubeでもSpotifyでもしっかりベースラインが分かるようにしてます。 スマホそのもののイコライザを調整できる機能があるはずなので、そこをいじります。 一…

ベースの筋肉も追い込むことで発達する

毎日どんなに時間がなくても2フィンガーの持久力を高めるトレーニングだけはしている。 トレーニング内容はとても簡単です。 まずはややゆっくりめのテンポ(BPM90くらいかな)で八分を刻む。弦移動を絡めたりしながらひたすら刻みます。 すると少しずつ右腕が…

ベースを一日3時間練習する方法を考えた

映画好きな人にお聞きしたい。毎日3時間の映画を見れますか? 即答で「見れる」という人は稀だと思う。それくらい一日3時間というのはハードルが高いと思う。 プロミュージシャンなんかで「一日10時間練習していた」なんてエピソードがあったりするけど、一日10…

【ベース練習】腰痛対策に体幹トレーニングをする

原因は練習中の姿勢の悪さと筋力低下による姿勢維持力のなさが相まっていることなんじゃないかと思っている。 ryuugi2.hatenablog.com 背中も肩も大事だが、骨盤まわりの筋力も大事だ。 右足にベースを乗せると、その重さに反応する筋肉があり、それが微妙に…

練習中の姿勢に注意

練習中の姿勢 練習中の姿勢を見直してみると、けっこう指板を覗き込んでいるし背中も猫背気味だ。さらに集中しているから顔は険しいし、呼吸も浅くなる。これではベースの練習をすればするほど不健康になってしまうぞ。さてどうするか? フォームとベースに…

ベース初心者が練習量を確保するためのポイント3 時間を作る

ベース初心者が練習量を確保するシリーズです。 ryuugi2.hatenablog.com ryuugi2.hatenablog.com 飽きる、疲れるはベース練習に限った話ではなく、勉強や仕事にも応用ができそうなので、ぜひベースのみにとどまらず、他のことにも応用してみてください。 時…

ベース初心者が練習量を確保するポイント2 疲れに勝つ

前回は「飽き」に勝とうというお話でした。 ryuugi2.hatenablog.com 今回は「疲れ」に勝とうというお話です。 椅子を見直す 立って練習する人は別ですが、座って練習する場合は適切な高さの椅子でないと疲れます。極端に低すぎたり、床に座って練習してると…

ベース初心者が練習量を確保するためのポイント1  飽きに勝つ

初心者にとって練習量は大事です。一番大事と言ってもいいと思う。なぜなら一部の天才や器用な人でない限り、「量がモノをいう」からです。 だが今の世の中は「効率的にやる方法」や「〜のコツ」などが溢れている。だがそういうのはだいたいあんまりあてにな…

地獄のメカニカルトレーニングはゆっくりから始めよう

ベース・マガジン 地獄のメカニカル・トレーニング・フレーズ —史上最凶トレーニングで修行せよ! 作者:MASAKI 発売日: 2006/03/17 メディア: 楽譜 これ持ってるんです。たまたまブックオフで見つけたので買いました。 しかしこれは中〜上級者向けのフレーズ…

ベースの練習は実は単純

ベースの練習は実は単純で、 「テンポを落としてゆっくり弾き、それを早めていく」 これが王道かつ効果的なので、間違いなくこれでいい気がする。 ゆっくり弾いて、少しづつテンポを上げていく、これ以上にいい練習方法はないんではないだろうか。ポイントは「…

北斗神拳とベース

北斗神拳はみんな知ってると思う。 「あたあ!」と言いながら(言わなくてもいいけど)秘孔というツボのようなものを突くと「あべし!」と言いながら身体が破裂するアレだ。 北斗神拳は単なるツボ押し拳法ではなく一子相伝の暗殺拳で、秘孔を適切な強さ、角度で正…

スマホで自分のピッキングフォームをチェックしたら泣けた

今は本当に便利な世の中です。 上手い人の演奏は動画で繰り返しチェックできるし、解説動画もたくさんある。 スマホ1台で色々できちゃいます。 もちろん自分のチェックも可能なのでやってみたら、まあ音を聴くまでもないくらいピッキングが下手… なんという…

ベースの基礎練習をスポーツとか他のことに例えて考えてみた

僕はあらゆることのレベルが低い。 勉強もそんなにできなかったし、運動も苦手だ。仕事でも突出した技術があるわけではない。だからと言ってダメダメなわけでもないのでなんとなくできちゃうところが幸福でもあるし不幸だとも思う。 悔しいくらい、泣くほど…

PVアクセスランキング にほんブログ村