基本的流儀2

何かの参考にはならない

ライフスタイルに合わせた提案ってなんだろう

職業柄わりとよく使う表現ではあるのですが、果たしてこれってどうなんだろうと思うのです。

 

ライフスタイルっていうのはある意味その人そのものなので、人に合わせるというのは納得です。

ただ、忘れてはいけないなあと思うのは、その人に合わせすぎると面白くないのではないかということ。

 

提案は新鮮さや旬かどうかがカギだったりするので、場合によっては「こちらの提案に合わせてライフスタイルを変えてもらう」のもアリですよね。

 

必ずしも合わせるだけが正解でないということですね。