読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

基本的流儀2

何かの参考にはならない

パーマのメリットとデメリット

f:id:w77k:20161121222040j:image

 

 

パーマは生活を楽にしてくれるツールの一つだと思う。

髪型は気にしないという人もいるだろうが、少しは気にする人が多いだろう。

しかしそれなりに髪型をうまいことスタイリングするのは思いのほか手間がかかる。なぜかといえばみんながみんな、理想的な髪質、髪のクセがあるとは限らないからだ。

 

うまくいかないポイントをパーマで補えばスタイリングは格段に楽になる。

頭ではみんなわかっていてもパーマに対するマイナスイメージがとれない人も多いだろう。よくあるマイナスポイントを取り上げてみよう。

 

髪が痛む

物理的、化学的に髪の形状を変化させる以上、痛みは避けられない。

しかし、ケアで回復できないほどのダメージは受けないはずだ。

事前状態により様々ですが・・・・

 

 

老ける

欲張って強くかけすぎると老ける。

あと、基本的にパーマはかけると大人っぽくなるので元々大人っぽい人は注意。

心配な人はいつも切ってもらってる人にかけてもらうとよい。「誰でもいいです」なんて言わないように・・

 

 

すぐとれる

髪が強すぎてとれた場合は再チャレンジ。熱を上手に使うことでかかる可能性が高まる。

髪が弱すぎる場合は止められる可能性があるが、その時はしかたがない。

 

 

 

ryuugi2.hatenablog.com