基本的流儀2

何かの参考にはならない

早起きの季節がやってきた

最近は五時台でも十分明るい。冬は辛いが夏ならまだやりやすい早起き。
「早起きをすると幸せになれる」みたいな自己啓発本があったような気がする。気分が明るくなるとか、ポジティブ思考になるとか。
しかしまあ、そんなに世の中は甘くない。ボーナスの時期になるといつも思う。
こんなギスギスした気持ちはなんと今年の四月くらいからずっと続いている。このままでは元気が出ないので、思い切って元気を出そうという企画である。

企画といっても毎日5時に起きるという単純な企画だが、これがなかなか難しい。まあ、布団から出れば良しとしよう。こうでもしないとなかなか自分の時間を実感できない。日中眠くてもまあよい。

というわけで明日からがんばろう。