基本的流儀2

何かの参考にはならない

モンベル ジオラインタイツとメリノウールソックス

今日はモンベルでお買い物をしてきた。

買ったものは二つある。一つは「ジオラインのタイツ」で、もう一つは「メリノウールのソックス」だ。

 

 

最近は寒くなってきたので自転車による朝トレをしていなかった。というのも着るものが無かった。(下半身)

僕は自転車が好きだがサイクルジャージの類は持っていない。

アレを着るならヘルメットとかもいるしね。(バランスの関係でね)

 

そこで目を付けたのがモンベルのタイツ。前はユニクロヒートテックタイツを着用していたが、今回はちょっとグレードアップしたかったのでモンベルにしてみた。(それでもモンベルだが)

比較的コストパフォーマンスがよいメーカーとはいえ第一線で活躍しているアウトドアブランドだから信頼している。

 

f:id:w77k:20151013133549j:plain

 

こんな感じのパッケージだ。

はいてみた感じはわりと薄いなという印象。ちょっと肌透ける。だが暖かい。

しかし個人的に一つ誤算があった。

モンベルは全体的にサイズがデカいのだ。ちょっと緩い。

 

まあ、ピチピチピッチよりはいいか・・・

 

試しに履いて走りにいってきたが、汗でぬれる事も無く、寒い事も無く、いい感じだった。

 

 

続いてはメリノウールソックス。

 

f:id:w77k:20151013133557j:plain

 

僕は扁平足なのでこのアーチサポートがものすごく気になった。あと、メリノウールは暖かい上に蒸れない、臭わないと非常に強力なソックスらしいので前から試してみたかったのだ。

 

種類によって厚さは違うが僕は「ウォーキング用」を選択した。

 

しかしまた誤算があった。

 

 

f:id:w77k:20150919172510j:plain

 

 

f:id:w77k:20151013133605j:plain

 

 

短ェ!!!!!

 

 

こ、これでは冬の寒さに耐えられないではないか・・・・

なんということだ。もう少し丈の長いのがよかったのに。

まあ、春秋用として割り切ろう。

 

一足1850円プラス税金といつもの靴下の軽く6倍のお値段。

 

だが、やはり履き心地はすばらしい。

右と左が決まっていて、摩擦の起きやすいところがきちんと補強されている。

履いた瞬間に脚が引き締まる感覚があり、アーチサポートもバッチリなはずだ。

 

ちくちくとした感覚もない。

歩いた感じもグッドだった。

 

 

こうなると上半身のアンダーウェアとかもメリノウールにしたくなってくる。

どんどん見えないところにお金をかけるようになってきたなあ。

 

 

しばらくモンベルさんにはお世話になりそうだな。

 

 

 

 

こちらの記事もおすすめです

 

 

ryuugi2.hatenablog.com

 

僕の別ブログ

ワタナベケイ.com

 

 

 

 

ryuugi2.hatenablog.com