基本的流儀2

何かの参考にはならない

がごめ昆布化粧水

 

先日化粧水を買いにいった。

僕の愛用品は「無印良品の化粧水(敏感肌用)」

だったのだがこの前パルコで見かけた時によさそうだったので、無印のが無くなったタイミングで買うことにしたのだ。

 

 

店内のお客さんはだいたい女性だがそんなことは気にしない。

職業柄女性もののお店に入るのは抵抗がないのでな。

(さすがにピーチジョンとかあのへんは無理だが)

 

早速手に取って化粧水を見てみる。

100ミリで1200円ならまあまあの値段だ。むしろ安い。

シュウウエムラの化粧水を使ってたことがあったがアレは高かった。よかったけどね。

 

そんなことを思ってると店員さんが寄ってきた。

 

 

「店員・・・来たか・・・・」

 

なんか化粧水を見てたのに気づけば美容液を勧められていた。

「こっちの方がしっとりしますよー」

 

 

当たり前じゃ

 

 

保湿成分の配合濃度が違うんだろうということくらいお見通しよ!

 

そしてなぜか「酒かす美容液」も手にぬりぬりされている僕。

「これもしっとりしますよー」

 

お、おう

 

 

この店員さんグイグイくるなあ。

しかしまあ、こっちもプロだからね。

普段は美容液の代わりにオイルつけてるって言っておいた。

アスタキサンチンとか言うのは嫌みだからビタミンとか適当なことを言っておいたぜ。

 

で、そんな店員さんの執拗なおすすめをかわしながらゲットした化粧水がこれだ。

 

f:id:w77k:20150509231538j:image 

ボトルがかわいい。

あとデザインが安っぽくなくてよい。

 

昆布のとろみが微妙にあるような気がする化粧水。

これだけでもしっとりしますね。

もちろん美容液とか乳液とかオイルとかをつけた方がいいのは言うまでもない。

 

しばらくはこれを使ってみます(^^)

 

 

 

 

 

 

ryuugi2.hatenablog.com

 

 

ryuugi2.hatenablog.com