基本的流儀2

何かの参考にはならない

ネバダ州の前髪理論

 

先ほど魔法使いのエリサさんと前髪の話になったのでいい機会だから前髪の記事書きます。

 

 

 

僕の体感では一番多い前髪のオーダーは、

「目と眉の間くらいで」というもの。

俗にいう一番無難な前髪だがこの前髪には欠点があって、

切ってからひと月するとだいたい目にかかって邪魔になるというわけだ。

 

だったらオンザ眉毛もしくは眉上にしちゃえばいいじゃないという話になってくるが、

「勇気がない」という答えがだいたい返ってくる。うーむ。

 

じゃあどうしろって言う話になってくるのだが答えはない。

前髪に限らず髪型に関しては全体的にそうなのだが、

「頭の骨格」「顔の骨格」「顔の印象」「髪質」「ライフスタイル」「理想のイメージ」「その人のキャラ」

 

をトータルで見て「これがいいんじゃない」っていうデザインが決まるわけ。

顔の骨格でいえば、丸形、面長、ホームベース、逆三角などいろんな形があるし、その形によっても相性の善し悪しがある。

 

顔の印象だと、眉や目の形によって「冷たく、きつく見られる」「幼く見られる」などの悩みがある人が多い。

 

髪質に関して言えば、直毛の方は「若い、冷静、スタイリッシュ、きつい」などの印象を持たれがちだし、クセっ毛は「大人っぽい、やさしい、落ち着いて見える、おっとりにみえる」という印象を持たれがちである。

 

これに身長とかファッションを考慮して、ライフスタイルを聞く。(学生さんと、社会人新人さん、社会人ベテランさん、子育て中の人、時間がある人では提案内容が全然違う)

 

もちろん人には「理想のイメージ」があるからそれも聞く。

自分の理想と持ってる要素が似ている人は楽だが逆の人は大変である。

「無い物ねだり」の人が多いのでけっこうたいへん。

 

 

 

ここまでごちゃごちゃ書いてきたが一番大事なのはその人のキャラというか人間性である。

 

「楽な方がいいじゃん!あはは!」タイプの人はバッサリ切った方がその人の人間性が際立ってよいし、「私はそこまではちょっとなあ・・」タイプの人は慎重に、無難な長さにすると喜んでくれる。

 

個性派は似合わせより個性的なデザインを望むし、とにかく小顔に見せたい人は個性よりも補正である。

 

クールなキャラの人はわけた方が際立つし、カワイイキャラの人は前髪作った方がかわいさが際立つ。だからパッと見の見た目だけでデザインは決められない。

 

ここまでが理論。

 

具体的な話もしていきます。

 

 

【長さ】

長いほど大人っぽい印象が強まる

短いと若く、活発な印象になる

周りの長さに対して長短の差をつければつけるほど個性的になる

 

 

【重さ】

重いほどモード感が強まる

軽いほどカジュアルな感じになる

前髪以外の髪の毛の質感とあわせるのが基本

自分で切る人は前髪だけ重くなってる人が多い

 

【カール】

直線的であればあるほど若い印象になる

極端にまっすぐにするとモード色が強まる

柔らかくカールをつけると優しい印象になる

極端にカールをつけると個性派になる

 

【ライン】

 

ラウンド 中央が短く、サイドに行くにつれて徐々に丸く長くなる形

補正効果も高く似合いやすい

 

直線 強くて個性的な印象になる

 

斜め 流す前提の前髪なら流しやすくなる

   下ろして斜めになるのはデザイン色が強まる

 

 

 

これらのいろんな要素を足し引きしながら前髪は作っていくのでわからない人はプロに相談してください。



イラスト描いてみたけど久しぶりだから上手く描けなかった…

f:id:w77k:20150406101951j:plain 

f:id:w77k:20150406102009j:plain

f:id:w77k:20150406102026j:plain

f:id:w77k:20150406102048j:plain

f:id:w77k:20150406102111j:plain

f:id:w77k:20150406102125j:plain


f:id:w77k:20150406102743j:plain

f:id:w77k:20150406102723j:plain

僕は眉上3センチの直線です。下ろすとまことちゃんみたいになるけど流すから問題なし。
今日は顔むくみまくりだ…ごめんなさい