基本的流儀2

何かの参考にはならない

ジョジョから学ぶ人間学【慎重派のDIO】

f:id:w77k:20150125185054j:plain
 
 

ジョジョ至上トップクラスの慎重派のDIOさん

 
彼は太陽に弱い吸血鬼です。
さらに「時を止める」という最強クラスのスタンド能力を持っています。
 
吸血鬼は太陽もしくは太陽のエネルギーを流し込まない限り復活します。
しかしこのDIO、かなりの慎重派…
 
 
 

 

 

時を止められるのは自分だけだと思っていたら

 
実は主人公の空条承太郎も止まった時の中を認識し、動けることが発覚。
 
途端にDIOさんは安全策に走ります。
 
まともに戦っても有利なんだけどなあ…
 
 
f:id:w77k:20150125185503j:plain
 
離れたところからナイフを投げたり
 
そこらへんの警官に銃を撃たせたり、
離れたところから呼吸音や心臓の鼓動音を確認するほど。
 
貧弱!貧弱ゥ!!とか言ってた頃が懐かしい
 
ダイアーさんもこんなDIOは想像していなかったでしょう。
 
 
 
そして、どうしても承太郎に近付きたくないDIOさん。
 
とんでもないものを持ってきます。
 
 
 
f:id:w77k:20150125185812j:plain

ロードローラーだッ!!!

 
 
f:id:w77k:20150125185841j:plain
 
 
今日のポイントはここです。
たとえ自分が圧倒的に有利でも、決して油断しない
 
(最終的には承太郎さんを怒らせちゃって負けるんだけども)
 
慎重になりすぎたのが敗因なのかもしれません。
まあ、DIO【何かわからんがくらえっ!】ってしてたらもしかしたら…
 
 
 
 
次は…どうしよう…
 
 
 
 
 
 

 

ジョジョから学ぶ人間学【ヴァレンタイン大統領】 - 最小の流儀2

ジョジョから学ぶ人間学【エンリコ・プッチ神父】 - 最小の流儀2

ジョジョから学ぶ人間学【何かわからんがくらえっ】 - 最小の流儀2