基本的流儀2

何かの参考にはならない

【大人の工作】空き缶を使った簡易型ストーブでコーヒーを飲もう

f:id:w77k:20141125171210j:plain
 

何歳になっても工作は楽しい

 
今日はこの空き缶を使って簡単なストーブを作ります。
 
 

 

 
 
これはカットトマト缶です。
この缶のメリットは蓋さえ開ければ上方が解放されることですね。
 
スーパーで98円でした。
 
中身は今晩のおかずにします。
 
 
 

1   穴を開ける

 
f:id:w77k:20141125171447j:plain
 
千枚通し的なモノを使って穴を開けます。
 
僕はアーミーナイフについてるやつで開けました。
 

 

ビクトリノックスの多機能アーミーナイフの実用性を検証します - 最小の流儀2

 

 
 
f:id:w77k:20141125171534j:plain
 
こんな感じに。
 
やってから気付いたがこんな間隔を開けなくても最初から穴を開けながら切断するくらいの気持ちでいったほうがうまくいきますね。
 
 
 
 
 

2   反対側に空気穴を開けておく

 
f:id:w77k:20141125171859j:plain
 
 
空気が入らないと燃焼効率が悪いので空気穴を開けておきます。
 
初めてなのでとりあえず3つにしてみました。
 
 
 
完成!
 
 
 
 
 
 

使ってみた

 
f:id:w77k:20141125172034j:plain
 
セリアに売ってた固形燃料をインして着火!!むうん!レッドバインド!!
 
 
ビビりのネバダは一応キッチンで試してみるのでした(´・ω・` )
 
 
 
 
 

湯を沸かしてみた

 
f:id:w77k:20141125172218j:plain
 
 
上に乗っているのは今日購入したチタン製のシングルウォールマグカップだ。
 

 

「snow peak titanium シングルウォールマグ 450ml」 - 最小の流儀2

 

 
 
きちんとはからなかったとはいえ、意外にもジャストサイズで乗っかってくれた!やったぜ!!
 
 
 
 

気になる火力は…

 
冷水からコーヒーが飲める温度(90度くらいか)まで約15分かかった。
 
お世辞にも早い時間じゃないが、固形燃料一つで暖かい飲み物が飲めるなら我慢できない時間じゃない。
 
 
備蓄品と一緒に固形燃料を数個用意しておけば、災害発生時もお湯が作れるというわけだ。
 
しかも固形燃料がなくても燃やせるもの(木とか)があればよい。
 
 
キャンプにも使えるね(^^)
 
アウトドアショップだと、アルコールバーナーやガスバーナーはたくさん置いてるけどこういうのは意外とないんだよな。
 
 
 

まとめ

 
 
効率は悪いけど自分で作って、やってみるのは何歳になっても楽しいものです。
 
 
次はこれに木炭を入れて、「おひとりさまバーベキュー(肉は一枚一枚焼く)」に挑戦するぞ〜( ˘ω˘)